HOME > エコ省エネ > 太陽光発電

エコ省エネ

太陽光発電

太陽光発電のススメ

太陽光発電のススメ生活に必要不可欠な電力を、自然つまり太陽エネルギーからもらい、ご自宅の消費電力を作り出すのが、この太陽光発電。設置することで、毎日の光熱費を節約できるだけでなく、二酸化炭素の排出量を減らし、環境面にも貢献可能です。さらに、ご自宅で発電し、余った電気は電力会社に売却することもできる経済面も期待できます。環境にも、家計にも、いいことがいっぱい詰まっているシステムが太陽光発電なのです。オール電化と併設することで、さらに光熱費削減も期待でき非常に経済的なのです。


太陽光発電のメリット

(1)電気料金の削減可能!!
日中、太陽光を利用して発電した電力は、家庭の電力として使用するので、その分の電気代は無料になります。日照量が少ない曇り、雨、雪の日は優先的に自家発電電力を使用、足りない分だけ電力会社から電気を購入する仕組みなので、毎月の電気代を効率的に削減することが可能です。

(2)余った電気を販売できる!!
東京電力では「太陽光発電の新たな買取制度」により、太陽光発電で発電した電気のうち、自家消費した分を差し引いた余りの電気(余剰電力)を買い取りしてくれます。また、通常の電気料金とほぼ同じ電力単価で買い取ってくれます。

(3)環境貢献できる!!
温暖化ガス(二酸化炭素などの温室効果ガス)の排出量を削減できるため、地球温暖化抑制の効果が期待できます。特に出力のピーク(=昼間の電力需要ピーク)時の温暖化ガス排出量を緩和することができます。また、太陽光は再生可能なエネルギーとして石油など化石燃料のように資源を尽くして将来的に枯渇することがないエコエネルギーです。同時に国としてのエネルギー自給率が高まり環境貢献が高くなります。

(4)災害時の貴重な電力源に!!
災害など万一の場合でも、非常用電源として使用できます。(最大1.5kVA)地震や台風などの災害などで停電した場合でもパワーコンディショナの自立運転機能により、太陽光さえあれば日照量に応じて発電した電気を非常用電源として使用可能です。

(5)補助金制度の適用対象に!!
国・地方公共団体などから補助金制度の適用が受けられます。住宅用ではNEF(財団法人 新エネルギー財団)が、産業用ではNEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)などが実施する補助制度があります。

(6)太陽光発電は長寿命!メンテナンスもほぼ不要!!
電池パネルは機械的な動作機構がないので維持管理が容易で20~30年の長期間利用が期待できる発電システムです。


太陽光発電のデメリット

(1)発電量が安定しない!!
発電量はどうしても天候に影響を受けますし、夜間は発電できません。晴天の昼間に発電した電力を夜使用することができるものであれば良いのですが、そうでなければ太陽光発電は売電に使うしかなくなります。

(2)取付工事に制約がある!!
屋根形状、太陽光の当たる状況などによっては太陽光発電を設置できない、あるいは向いていない場合があります。

(3)導入コストが高い!!
太陽光発電用のソーラーパネルはkwの単価で考えて見ると微々たる差に見えてしまうかもしれませんが、3kwで15万円の太陽光発電パネルを25枚取り付けた場合と、4kwで20万円のパネルを同数取り付けた場合の費用では100万円の差額が生まれることになります。
また、太陽光発電の費用は、太陽光発電パネルを製造しているメーカーによっても異なりますし、太陽光発電の施工を請け負う施工業者によっても差額が出てしまうでしょう。特に悪質な会社に騙されたという事例も発生していますので注意が必要です。


補助金制度について

国や自治体からの補助金制度を利用可能です。ただし、各自治体によって内容が異なることがありますので最寄の自治体へ直接確認してください。

お問い合わせはこちら

このページのトップへ