HOME > リフォームメニュー > 内装リフォーム

リフォームメニュー

内装リフォーム

内装リフォーム


床・フローリング・畳のリフォーム工事

床・フローリング・畳のリフォーム工事

【料金のご案内】
フローリングの張替工事
 
8万円~
畳表替え・畳の交換工事
 3千円~
※詳細金額をお知りになりたい方は、お気軽に問い合わせ下さい!!

床をフローリングやカーペット、または畳に張り替えのリフォームを希望するお客様が増えていますがフローリングだけでも20種類以上あり床材の選び方は商品の特性を知る事が必要です。

フローリングは大きく複合材と無垢材に分かれます。
複合のフローリングは、合板など基材の表面に薄い樹脂の木目シートを貼った材質で、無垢材は加工を施していない一枚の板になります。

それぞれ一長一短の特徴や性質がありますが、一般的に住宅 リフォームでは、複合材のフローリングが多く使われています。

床の張り替えリフォームの注意点
特にマンションのリフォームでは、フローリングの張り替えを行なう場合に管理規約等で定められた製品を使用しなければならない場合も多々あります。

又、上下左右の居住者とのトラブルで一番多いのが、「音」の問題です。
音の問題では、カーペットや畳の方が防音性能が高く、生活音が伝わりにくいです。
そこで床材を選ぶ時には、管理規約で防音性能の基準値を確認する必要が必ずありますので注意して下さい。

特に決まりが無い場合は、最近の住宅やマンション等で標準に使用されている防音性能が高い物を選ぶと良いでしょう。
流行の物やデザインだけで床材を選んでしまうと、後から思わぬ苦情がくる可能性もあるので遮音性を確認してから床材を選び張り替えを行ないましょう。


壁紙・クロスの張替えのリフォーム工事

壁紙・クロスの張替えのリフォーム工事

【料金のご案内】
一般的な壁紙・クロスの張替工事 
3万円~
多機能クロス・壁紙の張替工事 4万円~
※詳細金額をお知りになりたい方は、お気軽に問い合わせ下さい!!

壁紙・クロス張替えリフォームの薦め

クロス、壁紙の耐用年数は7~8年ぐらいなどと言われています。
お住まいの生活環境よって大きく変わってきます。
ビニールクロスには浸透性がほとんど無い為、ホコリや花粉といった空気中の汚れや直接的なキズや手あか、太陽光による日焼け、または、生活臭やタバコのヤニなどが月日と共に表面に蓄積されていきます。
その為、あまり長い間クロス壁紙の張替えをしないと不衛生で見た目もよくありません。
家具や布団を買い換える考え方と同じで、壁紙クロスや床材も『きれいにしたい』と思った時こそが張替え時期です。

壁紙・クロス張替えリフォームのポイント
●シックハウス対策
健康に被害を及ぼすと言われているホルムアルデヒドをはじめとするVOC(揮発性有機化合物)は クロスや壁紙の接着剤にも含まれていましたが、現在の接着剤はVOCを含んでいない物が多く、 使用するクロスや壁紙の中には、VOCを吸着してくれる健康素材も登場しています。

また、お子様がいる家庭には強力な汚れ防止加工が施されているクロスや壁紙もあります。インテリアを重視した内装には、珪藻土やロックウール・ALC・セラミック・布・壁画タイプなど様々 な素材からディスプレイとして変化をつける等の方法もあります。

●クロス壁紙張替えの注意点
リフォーム後のクロス壁紙の張替えクレームで一番多いのは継ぎ目が見える事です。
無地素材の場合は継ぎ目が目立ちにくいので問題はないのですが、柄物やデザイン系素材などを 使用した場合、施工する職人さんの腕が問われます。
次に多いクレームは下地処理のデコボコが目立つ事です。
上記の内容と共に確かな技術を持ったリフォーム会社を選びましょう。


襖(ふすま)・障子・網戸の張替えのリフォーム工事

襖(ふすま)・障子・網戸の張替えのリフォーム工事

【料金のご案内】
襖の張替工事 
2千円~(@1面)
障子の張替工事 2千円~(@1面)
網戸の張替工事 3千円~
網戸の交換 2万円~
※詳細金額をお知りになりたい方は、お気軽に問い合わせ下さい!!

障子や襖を張替えるとお部屋が明るくなります。
障子や襖は汚れやすいため、張替えるだけで一段と部屋が明るくなります。
光はある程度反射し、心地よい日差しを室内に供給してくれます。外気とのフィルターの役割もしますし、湿気を適度に逃がしてくれます。
使用方法を間違えなければ、健康的な住環境を提供してくれます。
また、痛みやすい網戸の交換もお気軽にお問い合わせ下さい。

障子の張替えリフォームのポイント
障子には大きなフィルター効果があります。
紫外線、外気、室内のホコリやニコチンなど吸収、防ぎます。期間を決めて、フィルター(障子紙)を換えることをおすすめします。

襖の張替えリフォームのポイント
襖は、新築の際にコストダウンの標的とされやすく、粗悪な材料と手抜き作業で仕上てあることが非常に多く、また、不良な張替えをする「悪質業者」も多々見かけますので注意が必要です。
特に襖は張った直後はどの店に依頼しても大差はありません。違いがでるのは2~3年後です。当社では紙の裏に必ず和紙で1枚下張りをします。そうすることで通常より4~5年長持ちし、雨の日も紙がたるみません。シミや変色も少なくなります。

このページのトップへ